ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題(変態ショタっ子兄弟)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

683 :名無しさん@ピンキー:2009/07/08(水) 23:41:12 ID:STg74ext

 両親が事故で亡くなり、親戚の家に引き取られることになった守クン。
 両親の死は守クンにとってとてもショックな出来事でしたが、親戚の家族は守クンを歓迎し、
特に双子の兄弟、祐樹(ユウキ)と大樹(ダイキ)は守クンの事をお兄ちゃんと呼んで慕ってきました。
 しかし一緒に暮らし始めてから一ヶ月後の夜、兄弟とお風呂に入った守クンは、2人の本性を知る事になったのです。
なんと2人は、エッチが大好きな、超が付くほど変態ショタっ子兄弟だったのです。
 というわけでその日から、守クンは双子の性玩具として毎日のように弄ばれるようになりました。

 今日の守クンは、お風呂で乳首調教を受けています。
何度も何度も吸われ、ねぶられ、舐めまわされたせいで守クンの胸は女の子の様に膨らんでしまいました.
開発し尽くされ感度の上がった乳首は、刺激を受けるだけで射精するまでになっています。
 祐樹と大樹は守クンの身体に手足をからませ、オチンチンをしごきながら乳首をしゃぶり続けます。
 ピチャッ、ピチャッ、ニチュッ、ヌチャッ………
「ひあああぁぁっ!ひゃぐぅっ! ひぐっ、ひゃうぅっ!!」
 あまりの快感に守クンは悶絶しますが、身体を押さえ付けられ、逃げることはできません
「はぁっ、はむっ…ほんと、守兄ちゃんはカワイイなぁ……」
「ボクらがいーっぱい気持よくしてあげるから、どんどん出してね。」
 チャプッ、チャプッ、ニュチュッ、ニチュッ………
「うぐうぅ、はぐうぅっ、ひっ、はひっ、あぐううぅっ!!」
 びゅぶっっ!!びゅくっ、びゅるっっ、びゅるっ!!
 震えながら射精する守クンの顔を、2人はうっとりしながら見守ります。
「うわー、守兄ちゃん、いっぱい射精したねー。すっごいな~。」
「射精してる時の守兄ちゃんって死ぬほど可愛いなぁ~」
「ホントホント、もっとイカせたくなっちゃうよね。」
「うんうん、じゃあ、もっともっとイカせちゃおう!」
 守クンのお腹に飛び散った精液を、2人は舐め取っていきます、その間も乳首への責めは止みません。
守クンはもう気が狂うほど悶え苦しみ続けました。
「はひぁぁっ、あんぅっ!…もう止め…っひああぁっ!」
 精液を全部舐め尽くした2人は、顔を上げて言いました。
「よーし、今日の乳首調教はお終い。……次は…オチンチンしゃぶっちゃおうかな?」
「じゃあ、ボクは守兄ちゃんのお尻舐めてあげるね!後で交代してよ。」
「オッケー。それじゃ…はむっ!」
 チュポッ、チュプッ、チュプッ、チュルルッ………
「ひゃううっ!そんな…もう、ムリ…ひああっっ!」
 オチンチンとお尻の穴を同時に責められ、守クンは何度もイッてしまいます。
「あくっ、ひゃくっっ!…ユウキぃ…んんっ…ダイキぃ…っもぉらめぇ、れないっ、もぉれないよぉぉ!」
 2人が飽きるまで、守クンへの同時攻撃は続きました。

「…じゃあ次、アレやろうか?」
「あーっ!この前やろうって言ったアレ? いいね、やろう。」
 ユウキは嬉しそうにローションを取り出すと、自分の身体に塗り込んでいきます。
 そんな2人の様子に、守クンはだんだん不安になってきました。
2人がこうなった時にイイ思い出はありません、守クンは思わず聞きました。
「な……なに、するの?」
「えーとねぇ、サンドイッチ! ボクが守兄ちゃんのお尻をジュボジュボしながら、
ダイキが守兄ちゃんのオチンチンをお尻で搾り獲っちゃうの!一回射精したら交代して…
挟んでヌルヌルにするから、メチャクチャ気持ちイイと思うよぉ」
「……!!」
守クンは反射的に逃げようとしましたが、2人がそれを許す訳もありませんでした…

 ニュルっ、ヌリュッッ、グチュルッ、ヌリュリュリュッ………
「ふひゃうっ、はひえっ、ひょおうっっ! あああぁぁぁ……」
 2人の柔らかいお肉にヌルヌルと挟まれながら、守クンはお尻をジュポジュポ掻き回されます。
 あり得ない気持ち良さに、もう頭が蕩けてしまって、何が何だかわかりません。
「アハハ、守兄ちゃん、もう何って言ってるか判んないよ? それに白目になっちゃって…。」
「ん~~、守兄ちゃんのアへ顔可愛いなぁ。今、お尻にいっぱいミルク飲ませてあげるからね。」
 グポッ、グプッゥゥ、ゴププッ、ジュププッ………
 汗とローションと精液でドロドロになった守クン。快楽に溺れ、休む間もなくイキ続けた結果。
精液はとっくに出尽くし、絶頂の度にオチンチンがピクピクと痙攣するだけ……
守クンにとって天国か地獄か……。絶え間無き快楽の連鎖に守クンの意識は薄れて行きました…。