ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

無題(デリバリー・ショタ・サービス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

519 :名無しさん@ピンキー  2009/11/05(木) 23:10:35 ID:9jmaHbwM  

設定だけ。誰かこんな感じの書いてください。名前は何でも



1
DSS……デリバリー・ショタ・サービスの略称。そして、隣の家に住む糸流(しりゅう)が働く会社でも有る。
俺はシリューが九歳の頃まで遊び相手をしていたが、突然に引っ越して居なくなり、五年経ってから再び同じ家に越して来た。
しかし、五年振りに会ったシリューを見て驚いてしまう。
シリューの身長は、殆んど変わっていなかったのだ。髪だけが腰のラインまで延びている。
聞いてみると、成長抑制剤を投与され、身体が成長を止めたらしい。
表情も、昔はニコニコしていたのに、今は冷たく愛想笑いするだけ。
そう、シリューは僅か九歳にして男のチンポを手玉に取るプロに、一晩で数百万を稼ぐNo.1のショタになっていた。
「ボクは男の子だよ? サッカー選手になる夢だってあるし……おにいちゃんは、ボクを男としてみてるよね?」

首を縦に振る。

「ほんとっ!? じゃあ、久し振りにゲームしようよっ♪♪」

二階のシリューの部屋で、二人並んでゲームして遊ぶ。
シリューも徐々に本物の笑顔をするようになって来た。
そして夕方になり、帰ろうとすると、下からシリューの母親の声が……
「おにいちゃん隠れてっ!!」
シリューに無理やりクローゼットに押し込められる。
仕方なく隙間から部屋を覗くと、入って来たのは、あだ名がブタって付きそうな太った男。
男は札束を机に奥と、おもむろにベルトを外そうとする。
「あっ、Mで良いんだよね? だったら待って……ボクが、するからっ」
だが、シリューはそれを制して服を脱ぎ始める。

しゅる……

上着と半ズボンを脱ぐと、下に黒色のボンテージスーツを着ていた。
ジッパーがヘソの位置から、股を通ってアナルの上まで有る特注品。
そしてシリューは男の前で膝立ちになり、器用に唇でジッパーの金具を挟み下げおろした。
男の股ぐらに顔をうずめ、汚いペニスを口で引っ張り出すシリュー。


みたいな事があって、男が帰った後にクローゼットを開けると、そこには我慢できずに射精した主人公の姿が。
「ウソつきっ……ボクを男だと思ってるって言ったじゃん!! なんでズボンにシミ作ってんだよっ!?」
この後、キレたシリューに言葉責めされながら、足コキ、フェラ、騎乗位アナルで逆レイプ気味に搾り取られる。
「あーあ、イッたね? ボクのお尻……一回百万だよ? おにいちゃんに払えるの?」
主人公がうろたえながら、どうしたら良いと聞く。
「そっ、そうだね……もうボクを、お、お嫁さんにして養うしかない……よっ?」
主人公がシリューと一緒に、シリューの両親にあいさつに行く。
そしてシリューが、今まで稼いだ金を両親に全て払って縁を切り、主人公と結ばれてハッピーエンド。




こんなのを誰か!!