ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

無題(自室で鬼畜妄想)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

525 :てす ◆uC4PiS7dQ6  2009/11/07(土) 11:21:40 ID:syiNqKzC  

1
このスレに居る奴らが、自分の部屋にショタが泣きながら入って来た時、どう言う行動をするのかを予想してみる。

まぁ、まずは好きなショタを想像してくれ。ここでは、半ズボンの似合う、日焼けが健康的なサッカー大好きショタとしとく。


―――――スタート―――――




貴方は久し振りの休日だったのですが、一日だけ隣に住むショタを預かる事になりました。
その子は、幼稚園の頃から「おにいちゃん、おにいちゃん」となついてくれる可愛らしい男の子です。

二人で過ごす休日も、昼間は買い物にでかけ、夜は一緒に料理を作って食べ、後はシャワーを浴びて寝るだけと言う所がまで来ていました。

しかし、貴方がベッドに腰掛けて小説を読み、シャワーの順番を待っていると、急に部屋のドアが開きました。
驚いて見ると、ショタが泣いているのです。
前屈みになり、シャツの裾を両手で掴んで膝まで下げ、頬を真っ赤に染めて貴方の名前を連呼します。
貴方は優しく微笑みながら、「どうしたの?」と聴きました。

「わかんないよぉっ……おにいちゃんのっ、ことっ……ひっく、ひくっ、かんがえたらぁっ……こうなっちゃったんだもん!!」

どうやら、初勃起に戸惑っているようです。
すぐに、「大丈夫だよ」と諭そうとしましたが、貴方は見てしまったのです。
シャツ一枚で恥ずかしがる、ショタのチラチラ現れる太股を!!
日焼けした部分としていない部分がすっかり別れ、白と黒のコントラストで貴方のペニスをたぶらかします。
手足は小麦色でチンコは真っ白。そう考えるだけで、貴方のペニスは痛いぐらいに勃起しました。

「もしかしてボク……おにいちゃんにイタズラされちゃうの?」

貴方は下心満載のペニスガチガチで、ショタに治してやると言いベッドに寝かせましたが、ショタは上目遣いで貴方を見上げて不安がります。
しかし貴方は、「悪戯なんてされないよ? レイプされるんだよ?」とショタを落ち着かせました。
レイプの意味が分からず首を傾げるショタに、貴方は被虐心をそそられて堪りません。もっと泣かせたくなりました。

にゅっ、ずりゅぅっ!!
「えっ!? おにいちゃん何す……っ、ひぎいぃあぁぁぁぁぁっ!!?」

そう思ったら止まりません。ショタチンコの皮を一気に剥ぎ、敏感な粘膜を露出させます。
そして媚薬を浸した綿棒を使い、ショタの恥垢をこそぎ落とし始めました。
ここをキレイキレイしないと病気になるんだよ♪ と微笑みながら、裏スジを丹念に往復させます。
「もっ、やだぁっ……うくっ、ヤメてよぉっ……うわあぁぁぁぁぁん!!!」
ショタは泣いて止めるよう懇願するのですが、貴方はトロトロ溢れ出し続けるカウパーに意識を奪われ、ショタの声が届きません。
このショタを精通させたのは俺だ! と言う達成感で頭がいっぱいなのです。
ついには、自らのズボンとパンツも脱いでしまいました。
「きゃっ!?」
ショタをひっくり返し四つん這いにして、風呂上がりの柔らかく弛筋するアナルに、貴方のドス黒くカリ太なペニスの先端を押し付けました。
入り口はコリコリとシコって開閉を繰り返し、「こんなチンコ、ぜんぶ咥え込んでやるよ!」と意気込んでいるようです。
「おっ、にいちゃ……いいよ。ボク、おにいちゃんの部屋にあった本を見たから、どうされるか知ってるもん」



だけど紳士なお前らは、そこでこんな事をしちゃダメだと気付き、止めるんだよな?
お見通しだぜ!!!