高橋愛 (Ai Takahashi)


 この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、高橋愛に関する事実を記述していきます。
 モーニング娘。5期メンバー高橋愛さんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する高橋愛さんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)
 また、一つのPVから各人が自由に想像を膨らませるというスレの特性上、ストーリー中の設定は作者・作品ごと千差万別になっています。それ故、当項目で述べる内容は、一部作品世界のみの設定等特殊なものを除いた上での「最大公約数」的なものであることを予めご了承ください。

目次


1.概要・人物像

 多くの作品において、リゾナンターのリーダーを務めているという設定であり、それと同時に喫茶リゾナントのマスターであるという設定もほぼ基本となっている。この役割は自身がモーニング娘。を卒業する中で、新垣里沙や次代の道重さゆみに受け継がれてゆく。
 まとめサイトに収録された作品における初登場はBGMの人の手による[Sayu-Eri](01)203『傷と癒し』であるが、現在の基本設定の土台となったのは同作者の作品[Mitsui](01)282『予知能力者』における人物像であると言えるかもしれない。
 また、それ以前の設定談議や雑談の中でもしばしば登場していた。一番最初の設定に関わるレスは、リゾスレが発生する元となった「リゾナントブルーを1位にするスレ」において為された“隊長の高橋は普段はジムで筋トレするOL”というものであり、その後はリゾナンターのメンバーを集めるスカウト担当的な色合いを強めていった。戦隊モノ的性格が強い頃の設定ではあったが、高橋愛を中心にメンバーが集うという展開は、その後の多くの作品において様々な形で用いられている。
 明確に過去が描かれたのは、2話目に入ってすぐに上げられた刃千吏の人[Takahashi](02)34『the Resonanter i914』(→ 作品wikiはこちら)が初めてだった。同作品内で為された哀しい過去のエピソード中に登場する“作り出された能力者―i914”という衝撃的な設定は、多くの住人の支持を得て、その後も完全に基本設定の一つとして定着した。尚、同作品中や同作者の後続の作品にも登場する高橋愛の母親・祖母も、世界観を越えて一部で使用される設定となっている。(※ただし各作者ごとに、その設定は異なっていると思われる)
 人となりについては当然各作者・作品ごとに様々であるが、現実世界の高橋愛同様に、リーダーゆえの責任感や強さ、包容力を備えているものが多いとは言えるかもしれない。同時に、それでいてどこか危なっかしい一面を持っていることも。



2.他の登場人物との関係

 リゾナンターサイドでは、(現実世界で)同期メンバーであり関係性の深い新垣里沙、同居人という設定上田中れいなとの関係を描いた作品が圧倒的に多いと言える。その他のメンバーに関しては意外と1対1の関わりを描いた作品は少ないが、それでも満遍なく網羅している。
 ダークネスサイドでは、後藤真希との関わりを描いているものが一番多いと言えるだろうか。同期メンバーである紺野あさ美小川麻琴との関わりも多い。他に吉澤ひとみ藤本美貴との関わりを描いた作品が複数存在している。その他のメンバーに関しては、直接的な関わりはそれほどない。
 4.高橋愛が登場する作品参照。


3.能力

 主として以下の能力が設定されている。

精神感応(リーディング)
対象者の思考を読み取ることが出来る能力。精神感応の項参照。
作者・作品ごとに能力の性質に差異が見られる。

瞬間移動(テレポーテーション)
瞬時に離れた場所に移動できる能力。瞬間移動の項参照。
作者・作品ごとに能力の性質に差異が見られる。

光使い(フォトン・マニピュレート)
初出は[Ai-Gaki](03)750『光放つ、原罪』においてであり、同作品内では「光を操り、すべてを光に返す、至高の能力」と語られているが、後続の作品の中では「光の矢(球)を放つ」といった意味合いの能力として使用されることも多くなった。



4.高橋愛が登場する作品

  • 紹介するのは一部ですのでご了承ください (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...


T - Y -
-