※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獣化(メタモルフォシス・トゥ・ビースト;Metamorphosis to beast)


動物の姿に変身することのできる超能力(?)
獣化(セリオモルフォシスtheriomorphosis)することのできる人間を「獣人」(セリアンスロゥプ;therianthrope)と呼ぶ。
一般には、満月を見ると変身する「人狼」(ライカンスロゥプ;lycanthrope)が有名であり、自分の意志とは無関係の獣化であったり、変身後は自我を喪失してその間の記憶も残らない場合がある。
他に有名な獣人としては「人虎」(ワータイガーweretiger)などが挙げられる。



使用者(能力保持者)


  • 大熊猫(パンダ)へのメタモルフォシス能力を持つ。
  • 先祖から代々引き継いでいる異能力である。一族全ての者に備わる設定と、ジュンジュンとその祖母のみといった設定がある模様。
  • 変身後は常人の身体能力をはるかに凌駕する力を得る反面、自己の意識を保てなくなり凶暴化するが、それは訓練次第で改善が可能。当初は変身後の制御がほとんどできなかったジュンジュンも、時を重ねる中でそれを可能にしたようである。
  • 獣化後は先述のように相当の膂力を有する上、体を覆う体毛は銃弾すら弾くほどの強度を持つため、肉弾戦においては武器なしに太刀打ちできる者はまずいないと思われる。
  • 変身の際に服が全て引き千切れるため、人間の姿に戻ったとき・・・・・・
  • 消耗が激しいらしく、栄養補給の為かバナナを食べる描写が多々見られる。
  • 番外編的に狼に変身する話もある。Koha-Jun(12)617 名無し募集中。。。(タイトル未定)



  • 黒豹へのメタモルフォシス能力を持つ。


 ・鈴木香音
  ※初出は『Help me!! -2-』

  • カマキリへのメタモルフォシス能力を持つ。
  • 身体の一部のみ変化させる事も可能。



参考

 ・類似する超能力に変身/大神あるが、獣化とは違うとされる。



「獣化」が登場する作品例