※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飯田圭織


この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、飯田圭織に関する事実を記述していきます。
モーニング娘。メンバー飯田圭織さんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する飯田圭織さんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)



1.リゾスレとの関り

  • 比較的序盤に登場し、その後もそれほど登場回数は多くないもののコンスタントに登場している。
  • 多少のブレはあるが、ダークネスサイドの人間としては珍しく、異なる作者間においてもある程度定まったキャラクターで描かれている一人。
  • 初登場作品は[Gaki-Aika](03)188 『幽霊ビルと“未来”』(ただし名前は伏せられている)
  • リゾナンター及びダークネスを通じて、「死亡」が明確に描かれた数少ないうちの一人。
  • スレ内雑談においては、その能力を生かしてスレ住人に不吉な予言を行うことがたまにある。
  • 闇の四段活用のラストを毎回務めている。


2.人物像

  • 複数の作者が登場させているが、上記の通り少数の例外を除いてある程度定まったキャラクターで描かれている。
  • 基本無表情でどこか超然としており、感情を表に出さない人物として描かれることが多い。
    [Mitsui](16)205 『水守』においては、また違った意味で超然とした人物に描かれている。)
  • 頻繁に未来と「交信」しており、傍から見ると心ここに在らずと見えることもしばしば。
  • 自身の能力、そして自分そのものを絶対視しているように映り、他の者を見下したような言動が度々見られる。
    (それ故「神」と自称したり、他者から冷やかしを含んで「神様」と呼ばれたりする話が複数ある)
  • ただ、その内心には誰にも言えない孤独を抱えているとする話もある。
  • かなり大げさに描かれてはいるものの、現実の本人を基にしたキャラクターになっていると言えるだろう。
  • イレギュラーなものでは病院で看護婦を務めている(名前の記述はない)話があり、これは「ハロモニ劇場」を下敷きにしていると思われる。


3.他の登場人物との関係



4.実力

  • 能力が非戦闘系であることもあって、正面からの戦闘シーンを描いた作品は今のところない。
    (謀略めいたものをめぐらせる話はある)
  • しかし、その予知能力の精度は非常に高く、自分自身も、彼女が身を置く組織の上部や仲間も、かなりの信頼を置いているとする設定が多い。
    ※例)『蒼の共鳴』シリーズにおいては、組織内で『不戦の守護者』と綽名されている。
  • 比較は難しいが、同じ能力を持つ光井愛佳とはそのポテンシャルにおいて、ほぼ同程度の能力レベルにあると思われる。
  • [Ai-Gaki](22)864『異聞、「AとR」』においては、少し毛色の違う「予知能力」として描かれている。
  • 予知能力以外では『水守(みまもり)』の能力者として登場するが、その実力の直接描写はない。
    しかし、大自然を相手にするスケールからは尋常ならざる実力を秘めていることが窺われる。


5.飯田圭織が登場する作品例

(登場する全作品ではありませんのでご了承ください)
  • 作品のネタバレに注意 (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...




T - Y -
-