※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴木香音(Kanon Suzuki)

 この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説における
 架空の登場人物、鈴木香音に関して記述しています。
 モーニング娘。9期メンバー 鈴木香音についての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。
 また、一つのPV(もしくはハロプロの活動)から各人が自由に想像を膨らませるというスレの特性上、
 ストーリー中の設定は作者・作品ごと千差万別になっています。
 そのため、全ての作品、全ての設定を網羅するものではありません。予めご了承ください。

目次


1.概要・人物像

グループのお笑い担当というあまり名誉ではないポジションながら、時としてメンバーの誰よりも冷静に物事を判断できるという稀有な役柄。
初登場は、鞘師以外の同期メンバー同様『Lost children』であるが、きちんとした名前を与えられたのは『新たなる出会い 鈴木香音 編』。父を失った悲しみに暮れる間もなく闇の組織に狙われる少女として登場する。
保有能力は前述の『新たなる出会い~』にて登場した「非物質化(物質透過)」や、実在の鈴木が絶対音感を持つことからインスパイアされた「超聴覚」などの音に纏わる能力、変わったところでは動物の物まねが得意というネタからの「獣化」がこれまでに設定されている。
人物設定は作者により異なるが、お笑い好きで周りを明るくすることに長けている反面、リアリストな一面を覗かせる、といったギャップのあるキャラクター設定をなされることが少なくない。先輩の光井愛佳を尊敬していることを絡めて、それまでリゾナンターの参謀的役割を担っていた光井の後継となっている作品もある。
愛知出身ではあるが、彼女が愛知の方言を使っている作品は今のところ見当たらない。これは後輩の牧野真莉愛も同様で、他のメジャーな方言と違い扱い辛い面があるからであろう。
同期で同い年の鞘師里保と組んで行動する作品が少なくない。これは、加入当初の「りほかの」コンビ繋がりというだけではなく、直接的攻撃手段の多い鞘師に対してのサポート能力を持つ鈴木、または時に感性のままに動くことのある鞘師に対しての俯瞰的なものの見方ができる鈴木、と言ったような関係性が構築できるのが要因かと思われる。

2.能力

 主として以下の能力が設定されている。
非物質化(ディマテリアリゼーション)/物質透過
自身を物質ではない何かに変化させ、物体を通過させる能力。非物質化の項参照。
物体の方を自身が通過することのできる能力という解釈や、
どっちとも明言していない作品なども便宜上ここに含める。
多くの作品で、様々な攻撃を無効化したり、壁や床など物理的な障害を突破する能力として描かれている。
初出作は『新たなる出会い 鈴木香音 編 前編』

超聴覚(ハイパー・ヒアリング)
聴覚の異常発達。超聴覚の項参照。
絶対音感の強化版といった描かれ方が多い。
初出作は『kanon―――』

獣化(マンティス)
カマキリに変身する能力。
初出作は『Help me!! -1-』

4.登場する作品

  • 紹介するのは一部ですのでご了承ください (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...

T - Y -
-