加護亜依


この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、加護亜依に関する事実を記述していきます。
モーニング娘。メンバー加護亜依さんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する加護亜依さんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)



1.リゾスレとの関り

  • リゾスレにおいては、卒業メンバーの中でも登場回数は皆無に等しい。
  • 所謂「オリジナルリゾナンター」たちとの縁が薄く、また強烈なお子様キャラによって創作意欲が減退したり、フライデーからの一連のスキャンダルが敬遠されたのが大きな要因だろう。
  • ただし-Tanaka(01)596に、 不良少女時代の田中の親友として登場したことから、その設定を引用しいくつかの作品が書かれた。


2.人物像

  • 上記項目にあるように、登場作品がほぼ皆無に等しいため、人物像を語るのは極めて困難。
  • (96)『『リゾナンター爻(シャオ)』シリーズでは、パワータイプの「金鴉(辻希美)」と対をなすような、悪知恵を駆使し相手を陥れる策士タイプの人物として登場している。


3.他の登場人物との関係

  • リゾナンターメンバー(現娘。メンバー)との関わりは上記項目にもある通り、田中れいなとの旧友関係が挙げられる。おなじみの辻加護コンビとして登場するのは意外にも稀である。
  • 詳細は「5.加護亜依が登場する作品例」の項目を参照のこと。


4.実力

  • 不良少女時代の田中の親友という設定が使われた場合、「悪の芽を埋め込まれ、ダークネス怪人アイボーンに改造された」という悲惨なエピソードがセットでついてくる。
  • 能力者としての登場は(96)『『リゾナンター爻(シャオ)』シリーズに登場する、ダークネスの幹部「煙鏡」が初。「鉄壁」と自称する能力により、いかなる攻撃をも受け付けないというチートじみた効果を発揮している。


5.加護亜依が登場する作品例

(※登場する全作品ではありませんのでご了承ください)
  • 作品のネタバレに注意 (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...