矢口真里


この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、矢口真里に関する事実を記述していきます。
モーニング娘。メンバー矢口真里さんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する矢口真里さんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)



1.リゾスレとの関り

  • 比較的序盤に登場したものの、それからしばらくは出番はそれほど多くなかった。
  • しかしそのキャラクターの特性から、また強くも無く弱くも無い手ごろな相手として、多くの作者が書くリゾナンターたちによって数々の敗北を喫することになる。やられ役としての登場は藤本美貴と並んで多い。
  • 初登場作品は[Mitsui](02)199 『The Omen of War ―激戦の予兆―』
    当時のスレの流れに従って名前が伏せられていたにも関わらず、直後の感想レスでは普通に「矢口」の名前が連呼された。
  • スレ内雑談においてもそれほど登場するわけではないが、登場時には高確率でスレ住人をイラッとさせるテクニックを有している。


2.人物像

  • 小説内の設定としては、ダークネスの幹部として描かれている場合がほとんどである。
  • 現実世界で追加メンバーである事実を踏まえ、「オリジナルメンバー」より下の階級であるとする設定の話もしばしば見られる。
    (「オリメン」になりたいという野望を口にすることも多く、これも現実の発言のパロディと言えるだろう)
  • 同期の保田圭が「永遠殺し」などという立派な二つ名のある幹部として登場する中、上記理由からか舐めきった態度でリゾナンターに挑むもいつも爆散するやられキャラのような扱いが長期に渡り続いたが、『リゾナンターΧ(カイ)』シリーズにおいてようやく「詐術師」という二つ名を与えられる。また、正式な幹部として登場することも増えてきた。この二つ名は矢口本人のキャラも相まって瞬く間に浸透するも、よく読者からは「詐欺師」と間違えられる。
  • 「キャハハハ」というけたたましい笑い声が特徴で、その馴れ馴れしさや話し方のウザさで右に出るものはいない。
  • しかし、その明るさでムードメーカーになっているとする話もある。


3.他の登場人物との関係

  • 初登場作品は光井愛佳との一対一の戦闘を描いたものであったが、その後リゾナンターメンバー(現娘。メンバー)と個人として直接対峙する話はそれほど多くない。
  • リゾナンターとの戦闘の際は、「強敵」「冷酷」「凶悪」などといった印象よりも、ひたすら「イヤなヤツ」感が全面に押し出されている場合が多い。
  • ダークネスメンバー(元娘。メンバー)では飯田圭織と最も多く言葉を交わしているが、大抵冷淡な対応をされている。
  • 現実でも仲のいい中澤裕子安倍なつみとの関係性が持ち込まれていると思しき作品も見受けられる。
  • 詳細は「5.矢口真里が登場する作品例」の項目を参照のこと。


4.実力

  • 能力は「他人の能力の妨害」であるが、正式名称をはじめその詳細について語られている作品はあまりない。
    • 敵対者のみの作用か、味方も巻き込むのか。
    • 初見の能力にも行使可能か、相手の能力を知っていることが必要か。・・・等
  • 蒼の共鳴』シリーズにおいては、相手の能力を2つまで封じられるという設定になっている。(能力名は“能力阻害-インペディメント-”)
  • 「エネルギー弾」を放っている描写がある話も数作あり、その威力はなかなかのもの。
  • 決して弱くはないはずであるが、大抵敗北しているため弱いというイメージを抱いている住人も多いようである。


5.矢口真里が登場する作品例

(登場する全作品ではありませんのでご了承ください)
  • 作品のネタバレに注意 (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+...
[Mitsui](02)199 『The Omen of War ―激戦の予兆―』 → 初登場作品。ただし名前の記述はない。「他人の能力の妨害」の能力と「エネルギー弾」で光井愛佳を追い詰めるが、愛佳の頭脳プレーの前に敗れ去った。
作中では小説を初めて書いたという作者の言葉が今もって信じられないほどに、そのウザさや憎たらしさが見事に魅力ある個性として描き出されており、初登場時においてすでにその後のキャラを確立させたと言える。また、この戦闘のことを言っていると思しき記述のある作品が後にいくつか描かれている。

[6th](03)859 『走り出した共鳴 前編 ~迷い猫~』田中れいなの行方を捜していた亀井絵里に情報をもたらすちっこい婦警として登場する。ただし名前の記述はない。その立場にも関わらず、病院内でイケメン医師をしつこく逆ナンパし、飯田圭織と思しき看護婦に鉄拳制裁と説教を喰らう。中澤裕子と思しき婦警とパートナーを組んでいるという設定は、言うまでもなくハロモニ劇場におけるキャラクターを基にしていると思われる。

[6th](04)014 『走り出した共鳴 後編 ~再会~』 → 上記作品の後編であるが、実は婦警は仮の姿であったことが明らかになる。明確には描写されていないが、ダークネスもしくはそれに類する組織の幹部らしきニュアンスで描かれている。田中れいなをリゾナンター側に「渡した」ことについて、「勝手にこんなことしてもいいのか?」と中澤裕子に疑問の声をぶつける。

[Darkness](07)338 『未来はこの手の中に ―SIDE Darkness―』飯田圭織と同一の組織に属していると思われる設定で登場する。飯田に話しかけるも冷たくあしらわれるが、その際に飯田のいつもと異なる側面を垣間見、驚きとともに親近感を抱く。

[Mini](11)383 → リゾナンターダークネスの全面対決と思しき状況で、久住小春と対峙している。

[Blue-R](15)589 『蒼の共鳴特別編第1夜-盲目の正義-』 → 高橋愛を抹殺しに来たダークネスの刺客として登場する。“能力阻害-インペディメント-”によって愛の瞬間移動精神感応を封じて追い詰めるが、割って入った新垣里沙によって動きを封じられたところに光使いの直撃を受けて絶命する。…ただし、この人物は矢口真里でありながら矢口真里ではないことが後にシリーズの中で判明する。
[Blue-R](20)629 『蒼の共鳴特別編第10夜-Break through, my heart-』においても同能力にて久住小春の能力を封じて一方的にいたぶるなど、「イヤなヤツ」キャラが強調されている。

[Other](15)828 『ダークネスカフェにようこそ』 → 「喫茶ダークネス」の従業員の一人として登場する。ただし名前の記述はない。背が低く、少し言葉遣いが馴れ馴れしくてイラつくとの記述がある。でも顔は可愛いからまあ許せるらしい。

[Darkness](19)284 『笑う折鶴』 → ダークネス別働隊として兵士を率いてリゾナンター不在の喫茶リゾナントを蹂躙する。「キャハハハ、汚物は消毒だぁー」とマシンガンを乱射したり、常連客を拘束してリゾナントを壊すよう脅迫したりと好き放題の蛮行を重ねるが、姿も見せぬ謎の能力者に返り討ちに遭う。その場に舞っていた折鶴は[Kamei](02)745に由来している。
ちなみに組織からは戦闘能力を高く買われてはいなかったらしい。また、「ドチビ」であることを気にしている。

[Darkness](19)335 『氷河の天使』 → 突然「雪が見たい」と言い出した安倍なつみの警護役としてアイスランドについていく。仲間の飯田圭織には冷たく対応され、安倍の気ままさに疲れ果てるが、旅先でそれまでとは違った感情が自分の中に生まれたことに戸惑いを覚える。
その新たな矢口の姿には、「口惜しいけどちょっとだけ矢口が好きになった」といったレスも寄せられた。でもキャハハ笑いは譲らない。

[Darkness](20)471 『巧言令色』 → 「小さい存在」であるが故の処世術を本人が語る形態となっている。その内面に共感の声も寄せられた。

[Darkness](23)459『終わる為の始まり』 → リゾナンターと敵対するらしきグループの一員として登場する。立場などは不明。グループのムードメーカーとの記述がある。

[7-8th](24)593  → ダークネスの刺客として、特攻服を着た男たちを従えて久住小春ジュンジュンリンリンを襲撃する。「他人の能力の妨害」を用いて3人を追い込むが、ジュンジュンの戦略の前に間抜けな敗北を喫し、捨て台詞と共に煙幕を張って逃亡するというベタベタなことをやってくれる。しばらく「いいヤツ」的な話が連続していた中、初心に戻ったかのようなその姿は実に生き生きとしている。

[Other](24)942  → 一連のシリーズの中でダークネスの幹部として登場する。ちょっと気に入らない相手をすぐさま殺そうとしたりと、これまた生き生きとした「性格最悪」ぶりを存分に発揮している。

■ フォールン -矢口真里- ■→ほんの気まぐれ、ほんのお遊び。【能力阻害】をもつ組織の幹部だった矢口の最期。走馬灯のように脳裏によぎるのは、”悪党”矢口のたった一度きりの良心。






T - Y -
-