※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

田中れいな (Reina Tanaka)


 この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、田中れいなに関する事実を記述していきます。
 モーニング娘。6期メンバー田中れいなさんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する田中れいなさんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)
 また、一つのPVから各人が自由に想像を膨らませるというスレの特性上、ストーリー中の設定は作者・作品ごと千差万別になっています。それ故、当項目で述べる内容は、一部作品世界のみの設定等特殊なものを除いた上での「最大公約数」的なものであることを予めご了承ください。

目次


1.概要・人物像

 リゾナンターのメンバーの一人であり、喫茶リゾナントの住居スペースに高橋愛と同居しながら、同店で愛を手伝っているという設定が多くを占めている。余談ながら、寝泊まりは2階のロフト部分であり「れいな城」と名付けられている…という細部設定まで為されている。喫茶リゾナントにおいては調理から雑用まで様々な業務に当たっているようである。
 まとめサイトに収録された作品における初登場は、[Mitsui](01)255であるが、同作においてはチョイ役以外の何者でもなく、訛りがあるという他は別段キャラは立っていない。しかし、それ以前の雑談や1レスネタにより、れいなのキャラは実のところこの時点でかなり固まっていた。
 最初に提唱された設定は、リゾスレが発生する元となった「リゾナントブルーを1位にするスレ」において為された“田中は孤独な不良”というものであり、それがイメージにはまったのか、その後もそれを基調としてさらなる設定が積み重ねられていくことになる。最初に追随したレスは“れいなは不良少女で夜道で野郎共に襲われた所を愛ちゃんに助けられた”というものであったが、その直後のシノプシス的レスの中でさらに詳細な設定が為されている。幼い頃に両親を事故で亡くして施設で育てられ、荒んでケンカに明け暮れる愛のない孤独な毎日を送っていた…というそのキャラ付けは、後々までの土台となる設定となった。尚、その際に加護亜衣がれいなの親友としてOGメンバー初の「友情出演」を果たしている。加護の存在が基本設定として定着することはなかったが、後に[Tanaka](01)596及び、かなしみ戦隊の中でそれぞれの決着が描かれている。
 人となりについては各作者・作品ごとに様々であるが、スレの超初期に誕生した前述の設定に付随してか、序盤においては、本当は寂しがり屋にもかかわらずなかなか素直になれない「ツンデれいな」気質であったり、直情的で一見乱暴ながら熱い心を持っているといった、“ヒーローモノに欠かせないキャラ”に描かれていることが多いと言えるかもしれない。一定時期以降は仲間の中に馴染んだ姿が描かれることが多くなったためか、一匹狼的な空気を持った描写をされることはほとんどなくなった。現実世界の田中れいなのキャラクターとの比較に関しては各人にお任せしたい。
 出番が多かった割には、基本の能力についての案が出たのは9人中2番目に遅く、第1話の終盤になってからだった。雑談レスの中で出たその「共鳴増幅能力」が実際に作品の中で使われるのは、第2話においてのことになる。また、基礎身体能力が尋常ではなく高いという設定もほぼデフォルトとなっており、素手で数十人の不良を全滅させたなどという武勇伝を描いている作品もある。また、地道なトレーニングをしている事が垣間見える作品も複数ある。しかし、現実世界の田中れいなはさほど運動能力が高いわけではなく、むしろ運動嫌いであることは言わない約束になっている。



2.他の登場人物との関係

 リゾナンターサイドにおいては基本的にはぶられいな。…ということはもちろんなく、むしろかなり幅広く絡んでいる。特に多いのは高橋愛との絡みで、これは現実世界でメインを務めることが多い2人であるということもあるのかもしれないが、住居も職場も同じであるという設定上の理由がおそらく大きいと思われる。この2人は過去においても関連性を持っていると思しき設定が、複数の作品の中に見られる。現実世界における同期の亀井絵里道重さゆみと共演する機会も多い。初期の頃は久住小春との衝突がお約束になっていた感もあり、その設定はしばらくそれなりに面影を残しつつも、話数が進むにつれてその役は徐々にジュンジュンへと移行していった(?)。ちなみに、月島きらり―すなわち小春―のファンであるという設定の話もいくつか見られる。8期メンバーとの絡みは少なめ。
 ダークネスサイドとの直接的な関わりはさほど多くないが、後藤真希と過去の因縁があるといった設定の作品がいくつか見られる。紺野あさ美藤本美貴との絡みを描いた作品も複数ある。また、身体能力が高いという設定故か1対1での戦闘描写がある作品も多く、前述の後藤真希をはじめ、保田圭矢口真里吉澤ひとみといったOGメンバーと直接拳を交えている話もある。
 4.田中れいなが登場する作品参照。


3.能力

 主として以下の能力が設定されている。

共鳴増幅能力(リゾナント・アンプリファイア)
他者の能力を増幅させることができる能力。共鳴増幅能力の項参照。
作者・作品ごとに能力の性質に差異が見られる。



4.田中れいなが登場する作品

  • 紹介するのは一部ですのでご了承ください (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...




T - Y -
-