精神感応(リーディング;Reading)

サトリ/天使追跡

対象者の考えや精神状態を読み取ることができる超能力
一般的には「読心術」、「テレパシー;telepathy」などと呼ばれることもある。


使用者(能力保持者)

 ・高橋愛
  ※初出はSayu-Eri(01)203 『傷と癒し』
 ・真野恵里菜(サトリ)
  ※初出は『リゾナンターΧ(カイ)・ガキカメ番外編』
 ・山木梨沙(天使追跡)
  ※初出は(136)67 『天使追跡』

  • この能力を持つが故に高橋愛は、心の中で助けを叫んでいた者たちの存在に気付いて手を差し伸べることができた。その意味で、リゾナンターの誕生にあたって最も重要な能力であったと言えるかもしれない。
  • また、相手の考えを読むことで行動を先読みして対応できることから、戦闘面においても多大な力を発揮する。ただし、意識・精神をガードする術を心得ている相手に対しては能力を発揮しきれないといったような描写のある作品も見られる。
  • 真野恵里菜は『リゾナンターΧ(カイ)・ガキカメ番外編』にてより正確な精神感応能力(読心術)を使いこなし、「サトリ」の異名を持つ。
  • カントリーガールズのメンバー、山木梨沙は精神感応の能力を応用したと思しき天使追跡という能力を保有する設定がある。「感知モード」「捜索モード」という2種類の能力の使い方により、自らの周囲に存在する能力者の存在を感知する人間レーダー的な能力となっている。


「精神感応」が登場する作品例


「天使追跡」が登場する作品例


【天使追跡】(Angel Stalker)
山木梨沙が保有する能力者の存在を感知する能力
感知モード:レーダーのように周囲の能力者の位置を感知する能力であるが、対象を絞り込むことで能力の種類やレベルを判定することが可能
捜索モード:特定の能力を持つ者限定で探索する能力。感知モードに比べれば有効範囲も狭く、目標に到達するまでは何度も繰り返し捜索することが必要
直接的な戦闘能力は皆無であるが、複数による不意討ち、闇討ち、騙し討ちがデフォルトの暗部の戦闘においては能力者の位置や能力の種類を特定できるこの能力の重要性は高い
山木梨沙の能力を活用できる勢力があるとしたら、、それこそが組織の暗闘の勝利に一番近いのかもしれない