小川麻琴


この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説の登場人物、小川麻琴に関する事実を記述していきます。
モーニング娘。5期メンバー小川麻琴さんについての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。(但し、実在のアーティストの楽曲のPVから想像した作品を投稿していくリゾスレの性質上、実在する小川麻琴さんに関する事実の記述が一部に存在する事を、ご了承ください)



1.リゾスレとの関り

  • リゾスレにおいては、現実の娘。における同期の卒業メンバー・紺野あさ美に比べて圧倒的に出番は少なく、不遇な扱いを受けている感は否めない。
  • その理由は幾つか考えられるが、リゾスレが立てられた時点で、現実の小川麻琴が芸能活動を休止し、ハロプロと一線を画している状態だったことが最大の理由と推測される。
  • また、故人として設定されている作品が多いこともその感を強調するが、故人ゆえその物語世界においてのキーパーソンとなっていると捉えることもできるかもしれない。(※例:『共鳴者』シリーズ、『絆と足枷』『心の在処』他)
  • 初めてリゾスレに登場したのは2008年4月15日。[Takahashi](01)477 の中に、名前のみ登場する。
  • このときの設定から、以後も「故人」という設定が多く為されることになるが、その他にも非常に様々な設定で作品に登場する。
  • いまだに主だった設定が存在しない人物の一人であると言える。
  • どちらかといえば善良な人扱いを受けることが多いが、「“未来”への反逆者たち」シリーズ」においては物語のキーパーソンかつ、それまでには見られなかった深い闇を抱えた「黒幕」として登場する。


2.人物像

  • 上記項目で述べたように、人物設定は作品によってまちまちである。
 例):高橋愛と同郷の幼なじみ(一般人)
   :「リゾナンター」における高橋愛・新垣里沙・紺野あさ美の同期
   :「M。」における高橋愛・新垣里沙・紺野あさ美の同期  ・・・等
  • ただし、ほとんどの作品においても共通しているのは、負の感情を抱かせるような人物・性格描写は一切ないことであると言え、それが現実世界の小川麻琴のキャラクターに起因していることは想像に難くない。
 →『RとR』のシリーズである『復讐と帰還(4) おもいで』において、これまでとは一線を画すキャラクターとして登場。

3.他の登場人物との関係

  • 基本的には現実の娘。における同期メンバーである高橋愛・新垣里沙・紺野あさ美のみとの関わりが描かれることがほとんどである。
  • 過去に亡くなっているにしろ、そうでないにしろ上記3人にとっては特別な存在であると思わせる作品が多い。
  • その分、他メンバーとの積極的な絡みが描かれた作品はほとんどない。
  • 『蒼の共鳴』シリーズにおいては、安倍なつみ保田圭に信頼されている様子が窺われ、会話も多く為されている。
    尚、同シリーズにおいては、高橋愛とはダークネスから脱出してきた時が初対面であると思われる記述がなされている。


4.実力

  • 戦闘らしい戦闘を行なう描写が為された作品は少なく、また明確に能力が設定されている作品も少ないため実力の推測は難しい。
  • リゾスレの主流とはやや趣を異にする『リゾナンター外伝』という作品では、「能力が弱くて不器用」だと本人が口にしている。
  • 『蒼の共鳴-望まぬ旅立ち』においても、いわゆる超能力に属する力は持っていないという設定で描かれている。
    但し“M”時代の訓練でスパイとしての侵入技術や情報入手の技術には長けているという設定が成されている。
  • 『復讐と帰還(4) おもいで』において、相当の実力者である吉澤ひとみに気配を察知させず、「只者ではない」と内心で評価されている描写がある。


***5.小川麻琴が登場する作品

  • 作品のネタバレに注意 (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+...
[Takahashi](01)477 → 名前が初登場した作品であるが、故人として高橋愛新垣里沙の口から語られるのみ。かつて、里沙が事故に見せかけて麻琴を抹殺したという衝撃の告白を愛に行なう。何らかの能力者であったらしいということも語られているが、その詳細については不明。
最初に為されたこの設定そのものが定着することはなかったが、麻琴が故人であるという設定はその後も何度か形を変えて登場する。

『the Resonanter i914』 高橋愛の育った故郷の村の幼なじみという設定で登場。川で溺れかけたところを愛の瞬間移動の能力によって助けられるが、そのことがきっかけで愛は村人から化け物扱いされて村を追われることになる。愛が他の村人に化け物扱いされ始めて後も、ただ一人心からの友達であり続けた。

『見守る者たち -夢爆弾に託して-』 紺野あさ美の回想及び新垣里沙の報告書の中に名前のみ登場する。かつて、高橋愛、里沙、紺野と同時にリゾナンターに加入したという設定になっている。リゾナンターにはすでにいないようだが、その後どうしているのかは不明。

『絆と足枷』 → 故人として紺野あさ美新垣里沙の会話の中で登場する。麻琴の死亡原因はi914高橋愛の能力暴走による事故であるらしく、そのことが、紺野が自らの属する組織とi914―愛のことを憎む要因になっている。

『みかん』 → リゾナンターの前身、『M。』が結成される前の話として高橋愛新垣里沙が語る過去の中に名前のみ登場する。幼い頃から同じ施設で育った仲間という設定のようである。

『リゾナンター外伝』 → 某組織を抜け出して逃亡しようとするメンバーの1人として登場する。だが、逃亡中に高橋愛をかばって被弾し、それが元で死亡する。弱いながらも能力者であったらしいことも描かれているが、その詳細については不明。

『I'll Be…』 → 名前も具体的な描写もないが、そうであると思われる人物が登場する。光井愛佳の視た未来の中で喫茶リゾナントのキッチンでコーヒーを淹れており、その隣の高橋愛新垣里沙がとても楽しそうに笑っている…という描写がある。また、かつて愛がその人物の写真を「愛おしそうな目で、それでいて酷く悲しそうな目で見ていた」とも書かれているが、過去の関連性は不明。
ちなみに、現実世界の小川麻琴がバリスタの資格を取得して留学から帰ってきた直後に上げられた作品である。

[5th](12)600 『BLUE PROMISES 8』 → 新垣里沙の思考の中で、チラリと名前が過ぎる。それ一度きりの名前のみの登場のため詳細は分からないが、かつて高橋愛、里沙、紺野あさ美と行動を共にした仲間であったらしいこと、現在はリゾナンターにもダークネスにも所属していないらしいことが窺われる。

『優しい雨』 → 『夢から醒めて』『絆と足枷』と世界を同一にしており、上記の通り過去に事故によって死亡したという設定である。

『誓い』 → かつて能力者の子どもを集めた施設で高橋愛新垣里沙紺野あさ美とともに育ったという設定で登場する。「実験で生まれたモルモット」だと愛を嘲る他の子どもたちに対し、いつも憤然と立ち向かっていた。その能力の詳細や、現在どうしているのかといったことについては描写はない。余談ながら、子ども時代の麻琴は愛に「鼻息が荒い」と評されている。

『心の在処』 → 紺野あさ美の独白の中に名前が登場する。その言葉のニュアンスから、すでに死亡していると思われる。

『哀しきスパイ』 →新垣里沙の回想の中で、かつて『M。』で共に戦っていた仲間として登場する。

『魔法なんていらない(1・3・5)』 → 『誓い』の続編として同じ設定で登場する。施設での研修の後、高橋愛新垣里沙紺野あさ美とともに『M。』に配属され、その配属年度から「五期」と呼ばれたという描写が為されている。

『異能力-Adjournment-[11]』 → 高橋愛の思索の中で、過去の思い出として名前が登場する。「麻琴を救ったあの時」という描写しかないが、前後関係からおそらく『the Resonanter i914』 における、故郷の村での出来事を指していると思われる。

『ダークネスカフェにようこそ』 → 名前や具体的描写はないが、「メイド喫茶ダークネス」にバイトの面接に来た新人として、そう思われる人物が声だけ登場する。(※「胡散臭い英語混じりの日本語でまくしたてている声はとことん明るそうだ」と描写されている)

『コードネーム=マリコ ―MARIKO―』 → 「あなた」へと向けられた手紙の中で、ダークネスを乗っ取り、理想世界を作るべく新たな組織を立ち上げようとする者たちの影の黒幕として名前が登場する。さすがにこのネタに乗っかった作品は今のところない。

『復讐と帰還(4) おもいで』 → ダークネスの生物化学研究所に所属する人物として登場する。「目元に愛嬌のある顔立ち」であったり、おどけたようなしゃべり口であったりするが、秘められた実力はかなりのものであることを窺わせる描写がある。

『共鳴者』シリーズ及び『蒼の共鳴』シリーズにも登場している。(リンク先の各作品Wiki項目を参照のこと)


T - Y -
-