佐藤優樹(Masaki Satou)

 この項目は『リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ』(以下、リゾスレ)に発表された小説における
 架空の登場人物、佐藤優樹に関して記述しています。
 モーニング娘。10期メンバー 佐藤優樹についての情報をお求めの方は、適切なサイトをお探しになることを推奨します。
 また、一つのPV(もしくはハロプロの活動)から各人が自由に想像を膨らませるというスレの特性上、
 ストーリー中の設定は作者・作品ごと千差万別になっています。
 そのため、全ての作品、全ての設定を網羅するものではありません。予めご了承ください。

目次


1.概要・人物像

独特の言語感覚を持ち、かつど天然なリゾナンターのびっくり箱的存在。
一人称は「まーちゃん」「まさ」、そして人の名前を中々覚えない。覚えても故意にオリジナリティ溢れる呼び名をつけたりする(たなたさん、みにしげさん、ふくぬらさん、小田んご等)。
上記の特徴に加え、同年代と比較して少々残念な学力であるため、一人語りをさせると上へ追えぇ(うええおええ)(小盛り)■ ベイカントロト -佐藤優樹・工藤遥- ■のような、小学生が書いたような文章になる。
才能はあるものの集中力に欠け、実力にむらのある能力者として描かれることが多かった。が、最近では強敵石川梨華を迎え撃つ二段構えの作戦の片翼を担ったり(■ アンチマテリアル - 鈴木香音・飯窪春奈・佐藤優樹・工藤遥X石川梨華 - ■)、リゾナンターの実力者である鞘師里保とやりあう実力を示したりと(旅立ちの挨拶)、急激に力をつけはじめている。
ほぼ全ての作品において北海道出身。ただ、同じ北海道出身の安倍なつみや飯田圭織のような訛りを出すことは無い。
同い年の工藤遥とセットで「まーどぅー」として扱われることも少なくない。この場合の(というより佐藤の絡む全ての組み合わせにおいてではあるが)工藤は保護者的な立ち位置である。ただ、工藤との関係性を不服に思っているのか大抵佐藤は工藤に対し反抗的である。
工藤以外のリゾナンターとの関係であるが、特に田中れいなとの関係性が取り沙汰されることが多い。現実同様に一匹狼的なスタンスを保っていた田中を無理やり輪の中に引っ張り出した事件は、リゾスレ史上でもひとつのターニングポイントになっている。

2.能力

 主として以下の能力が設定されている。

瞬間移動(テレポーテーション)
テレポートすることのできる能力。瞬間移動の項参照。
自由度の高い高橋愛のテレポートと違って、利便性において大きく劣る設定の作品が多い。
(すぐに疲労する、回数制限がある、自分は移動できない、等)
初出作は『リゾスレ4周年突破記念 予知能力者とジャンパー ホームでの出会い』

死霊魔術(ネクロマンシー)
一時的に死体をゾンビにすることのできる能力。しばらくすると、また死体に戻ってしまう。
初出作は(70) 265 名無し通りすがり(心臓をポクポク)

音響分析(アナライズ)
聴力が強化され、小さな音や壁越しの音など、常人で聞き取れない音が聴ける能力。音響分析の項参照。
初出作は『Help me!! -1-』

振動操作(オシロキネシス;oscillo kinesis)
振動を発生させることのできる能力。振動操作の項参照。
初出作は ■ ピュアカプセル -工藤遥- ■ 

4.登場する作品

  • 紹介するのは一部ですのでご了承ください (※左下の[+]をクリックすると本文が開きます)
+ ...

T - Y -
-