登場人物&能力一覧(第39話)

※登場人物は名前が作品中に明記されておらず 類推に拠るものも含みます
※能力名は作品中のものではなくテンプレのものに統一してあります



(39)075 『つたえたいこと』 
小春がしばらくリゾナンターをお休みすることになった。
リゾナントに挨拶に来た小春に、絵里が「つたえたい」こととは―――
久住小春の卒業に寄せて書かれつつも、どこか平和で温かい空気を纏った読み切り短編。
約束は予定!予定は未定!これ!絵里の鉄則!

☆亀井絵里
☆高橋愛
☆久住小春


(39)131 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「レインボーピンク」
雨の街中に放たれた、7つの動物が合成された生物(キメラ)が暴れ出し、操っていた道化師の手にも負えなくなる。
駆け付けたリゾナンターに「キメラを始末しろ」という声が上がる中、装備を捨てて一人キメラに近づいたさゆみは―――

☆道重さゆみ
☆リゾナンター


(39)131 『あわてんぼうのガキサンタinリゾナント』 
「今年こそクリスマスは開業や!」
閉店後のリゾナントでカクテルを傾けていた里沙の耳に、すっかりお酒の回ったマスターの声が届く。
毎年恒例「あわてんぼうのガキサンタ( ・e・)」スレにいた作者が、クリスマス前に届けたハートウォームな読み切り短編。
(39)613 『さみしんぼうのカメトナカイ』とあわせてどうぞ。

☆新垣里沙
☆高橋愛


(39)170 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「すき焼き」
組織から受けた能力開発の後遺症で寝たきり状態の妹を見舞う里沙。
その姿をそっと窺う一つの影は、里沙が病院を去った後ベッドへと近づき―――
1レス作品であることを利用し、縦書きの文章を織り込んだ凝ったつくりになっている一回。
誰が芋やねん!

☆新垣里沙:浄化
☆久住小春

☆いもガキさん:念動力


(39)233 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「Intro」
里沙の妹の会話がきっかけで、忘れていた何かの存在を強く感じ始めた小春は、母に話を聞きに行く。
母が語って聞かせた、祖母や曾祖母、そして久住家のチカラの謎とは。
その「存在」のリゾナント元はこちらの項目を参照のこと。

☆久住小春

☆小春の母


(39)316 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「INDIGO BLUE LOVE」
愛と里沙が買い物の途中にすれ違ったのは、公園のベンチに座る親子連れ。
その母親から心の揺れを感じ取った愛は里沙を先に行かせて―――

☆高橋愛
☆新垣里沙

★市井紗耶香:変身能力


(39)324 タイトルなし(小春死すあらすじ) 
皆が寝静まった後、1人でダークネスの砦に向かった小春は、重傷を負いながらもダークネスと対面する。
そして小春死す。。。。
久住小春の卒業を受け、リゾナントの世界でも小春を外して世界観を変えようという思いで書かれたプロット。

☆久住小春:発電 念写

★藤本美貴:氷使い
★後藤真希
★悪の首領ダークネス


(39)370 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「HELP!!」
ここは共鳴遊園地 リゾナンコーヒーカップや超共鳴回転コースター『ウエエ・オエエ』など楽しいアトラクションがいっぱい!!
極度に怖いお化け屋敷『ヘル・ミ~』で恐怖に固まる絵里とさゆみを助けに行った里沙を待っていた結末は―――
「リーサァアアアアアアーーーーーッ!!」

☆新垣里沙
☆亀井絵里
☆道重さゆみ


(39)387 タイトルなし(ヴァリアントハンター外伝リゾナント作1)  
目覚めた病室で、絵里は全身に広がる苦痛と共に恐ろしい記憶を思い出す。
「…よく生きてたなぁ…」
『ヴァリアントハンター』のシリーズ作者が、他作者によるリゾナント作『ヴァリアントハンター外伝』シリーズに逆リゾナントして書いた作品。
時系列的には『外伝』の8~9話あたりの物語になっている。

※亀井絵里
※高橋愛

★後藤真希?


(39)413 『motor neuron Ⅱ ~ザ・ヒール~ (後編)』 
コントロールを失い暴れ出した“れでぃぱんさぁ”により、マルシェの研究室は血で染まっていく。
一方、新垣はヨーグルト(Bon!Kyu!BON!! 乳牛100% 180円)を食べながら、道重と「治癒能力」のなんたるかについて語り合っていた。
(37)103 『motor neuron Ⅱ~ザ・ヒール~(前編)』に続く完結編。
既存の能力の新解釈に加え、ラストではタイトルのダブルミーニングも明かされる。

☆道重さゆみ:治癒
☆新垣里沙

★紺野あさ美:原子構成操作
★れでぃぱんさぁ


(39)468 『霹靂』
雲一つなく晴れ渡る空の下、捕えられた光井愛佳は最期の時を目前にしていた。
「だいじょうぶ。絶対、守ってあげる」――自分を守って命を落とした久住小春の最期の言葉が、愛佳の脳裏にこだまする――
物語のラストを映像による表現に託した、切なく胸に響く読み切り短編。

☆光井愛佳:予知
☆久住小春


(39)487 タイトルなし(クウガ・アギトリゾナント作) 
悪夢というしかない「夢」を続けて見るようになっていた愛はある日、現実の世界で悪夢のような出来事に遭遇する。
間一髪で栗色の長髪をなびかせた女性に救われた愛だったが、その女性も窮地に陥り――
当時放送されていた仮面ライダークウガ及びアギトの世界観に共鳴した1レス保全…のつもりが少しだけ長くなった2レス保全作。

☆高橋愛

※後藤真希


(39)506 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「「すっごい仲間」」
敵組織のパワーがどんどん増し、これ以上の勢力強化は危険だと判断した愛は、OYD本拠地へとリゾナンター&ペッパー警部の総力を挙げて乗り込む。
その行く手をミス・ヘイケ&メロンシリーズが阻むが―――

☆高橋愛
☆久住小春

☆リゾナンター
☆ガイノイド・ペッパー
☆阿久博士

★ミス・ヘイケ(平家みちよ)
★メロン記念日
★大山田博士


(39)533 『Dive into the“FUTURE”(前)』
潜入任務の報告を終えた里沙を、吉澤は「デート」に誘う。
その行き先は、原因不明の昏睡状態に陥った組織の予知能力者、飯田圭織の精神の中。
『RとR』シリーズにおける(15)662『RからAへ』と(08)472 『RとR(1)』を、時系列的にも内容的にも繋ぐ形で描かれた読み切り中編の前編。

☆新垣里沙
☆高橋愛

★吉澤ひとみ
★石川梨華
★飯田圭織
★安倍なつみ
★後藤真希


(39)557 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「すべては愛の力」
施設最深部へと到達した愛たちリゾナンターが目にしたのは、大山田博士とそれを守護するガーディアンズ4システム。
そしてその中心部には―――

☆高橋愛
☆リゾナンター

★アヤ(松浦亜弥)
★大山田博士


(39)589 『Empty Recollection's Imagination』 
「お誕生日おめでとー絵里ー」
病室のベッドの上でぼんやりと窓の外を眺めていた絵里を訊ねてきたのは、たった一人の親友だった。
タイトルの頭に「ERI」の文字を仕込んだ、亀井絵里の21歳生誕記念として書かれた読み切り短編。
(30)814 『過去との別れ/明日への誓い』のエピソードが元になっている。

☆亀井絵里
☆道重さゆみ


(39)602 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~」
ガーディアンズ4とメロンシリーズを撃退したリゾナンター&ペッパーを前に、大山田博士は敗北を認め、施設のシステムをダウンさせようとする。
だがそのとき、暴走を始めていたナノマシンは様々なものを取り込んで巨大化し始め―――

☆久住小春

☆リゾナンター
☆ガイノイド・ペッパー

★アヤ(松浦亜弥)
★ミス・ヘイケ(平家みちよ)
★メロン記念日
★大山田博士


(39)611 タイトルなし( 『小さな風使い』リゾナント作) 
…絵里の「彼氏」だった男の子、翔君が旅立ったのは、暑い夏の日だった。
(30)433 『小さな風使い』を元にして、画像と共に綴られた1レス掌編。
絵里のパンツ見てよ…!!

☆亀井絵里

※翔君:風使い


 (39)613 『さみしんぼうのカメトナカイ』 
自分がサンタで、そりを引っ張るトナカイが絵里。
そんな不思議な夢を見て飛び起きた里沙は、その夢の意味を考えるうち―――
亀井絵里の21歳の生誕記念に書かれた、ガキコハではなくガキカメな読み切り短編。
(39)131『あわてんぼうのガキサンタinリゾナント』とあわせてどうぞ。

☆新垣里沙:精神干渉
☆亀井絵里
☆久住小春:幻覚
☆高橋愛:瞬間移動


(39)631 『坂の上の亀』 
「亀井さん、お誕生日――おめでとうございます」
亀井絵里の墓前の前でそう呟いたのは、「リゾナン史」――分けても亀井絵里研究の第一人者、エリソン・P・カーメイ氏だった。
亀井絵里の21歳の生誕記念に、リゾスレを一つの歴史として語るという斬新な角度と設定で書かれた読み切り短編。

※エリソン・P・カーメイ
※私

☆亀井絵里


(39)640 『サプライズプレゼント』 
せっかくの誕生日も検査入院のためベッドの上にいる絵里は、主役不在で行なわれるらしいリゾナントでのパーティーに思いを馳せる。
ぼやきに返事を返してくれる者もおらず、寂しさを募らせる絵里の病室にノックの音が響いて―――
亀井絵里の21歳の生誕記念に書かれたハートウォームな読み切り短編。

☆亀井絵里
☆光井愛佳
☆ジュンジュン
☆リンリン
☆久住小春
☆田中れいな
☆新垣里沙
☆道重さゆみ
☆高橋愛:瞬間移動


(39)658 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「3、2、1 BREAKIN'OUT!」
皆の盾となって前に進み出た小春に、マルシェは通信で「今能力を使えば命も危ない」と釘を刺す。
それでも皆と共にチカラを使う小春だったが、あと一歩のところで目的を果たせず―――

☆久住小春

☆リゾナンター
☆ガイノイド・ペッパー

★Dr.マルシェ(紺野あさ美)
★アヤ(松浦亜弥)
★メロン記念日
★大山田博士


(39)684 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「Say Yeah!~もっとミラクルナイト~」
阿久博士からの通信を受け、敢えて「拡散前」のエッグへと突入するリゾナンター。
先導する小春からはナノマシン煌きながら零れ落ち、流星群のような光の線を描き出して――

☆久住小春
☆ジュンジュン
☆新垣里沙

☆リゾナンター
☆阿久博士

★Dr.マルシェ(紺野あさ美)
★アヤ(松浦亜弥)
★メロン記念日
★大山田博士


(39)704 『サンタさんへの贈り物』 
サンタさん――いつもおいしいご飯を作ってくれる喫茶店のお姉ちゃんへのプレゼントに、雪だるまを作ってあげようとしていた男の子。
通りすがった絵里は、晩ごはんを食べに帰らないといけない男の子の代わりに雪だるま作りを買って出て―――
クリスマス記念に書かれた、心温まる読み切り短編。

☆亀井絵里
☆田中れいな
☆高橋愛

※男の子


(39)725 『Inner heated “FLAME”』 
自身の研究室に“氷の魔女”――藤本美貴を招いた小川麻琴は、一人の少女の「面通し」を行なう。
一方、喫茶リゾナントには先日知り合ったジュンジュンが自分の「トモダチ」を連れてきて―――
『“未来”への反逆者たち』シリーズに連なる「出逢い」を描いた一篇のラスト。
(04)306『刃千吏護衛官 銭琳(字幕版)』をストーリーの下敷きにして、(23)076『里沙とパンダ鍋とジュンジュン』・『復讐と帰還』・(21)186『叶わぬ願い』・(24)216(リンリン生誕記念の話)等を織り込んだ内容になっている。

☆高橋愛:瞬間移動 読心術
☆リンリン:発火
☆ジュンジュン:獣化
☆田中れいな
☆新垣里沙
☆亀井絵里
☆道重さゆみ


(39)758 (ヴァリアントハンター外伝リゾナント作2) 
エヴォリューション――ヴァリアントハンターを統括するユニオンの本拠地――前の広場には、すでに千人にも及ぶ数のハンターが集結していた。
規格外の人型ヴァリアント“藤本美貴”、それを討伐するという目的の下に―――

※安倍なつみ
※飯田圭織
※保田圭
※高橋愛
※亀井絵里

☆紺野あさ美
☆中澤裕子


(39)776  タイトルなし(かなしみ戦隊M 「Yes!POCKY GIRLS」 リゾナント作) 
私のせいで愛佳が怪我をした。
私の心はもう折れそうだ、まるでポッキーのように―――
元ネタは(36)956 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ「Yes!POCKY GIRLS」を参照。
各メンバー毎の掌編が間を置いて上げられたが、まとめサイトにおいてはひとまとめに収録されている。

☆久住小春
☆全リゾナンター


(39)792 『ヴァリアントハンター外伝(10)』 
絵里や愛の言葉もあって、故郷の両親に電話を終えたれいなは息を吐く。
自分に姉を殺す覚悟はあるのだろうか―――

☆田中れいな
☆中澤裕子

※つんく

★藤本美貴


(39)829 『Black or White』 
表面上はいつものように元気に撮影をするきらり――小春の気持ちが晴れないのは、ジュンジュンと喧嘩をしたせい。
だが、撮影終わりにタクシーから降りた小春を待っていたのはジュンジュンで―――
当時コンサートMCで行なわれていた2人のケンカを元ネタに、レアな能力設定を織り込んで書かれた読み切り短編。

☆久住小春:発電
☆ジュンジュン:獣化

★辻希美:擬態


(39)851 かなしみ戦隊リゾナンターミラクルズ最終話「しょうがない 夢追い人」
「奇跡の夜」が明け――その奇跡を目撃し、胸に刻んだ者達は、それぞれの道へと去って行く。
小春もまた、自身の成長のため、モーニング娘。と、そしてリゾナンターを離れることを決め―――
かなしみ戦隊ミラクルズが迎える感動の大団円。

☆久住小春
☆ジュンジュン
☆田中れいな

☆リゾナンター
☆阿久博士

★アヤ(松浦亜弥)
★メロン記念日
★大山田博士


(39)909 タイトルなし(自分の道を行くミティ様) 
窮地に陥った少女を救ったのは、黒いドレスに身を包んだ一人の女性。
直前のレスに刺激を受けて書かれた1レス掌編。

★藤本美貴:氷使い


(39)915 『パスワード』 
「リゾナンターの記憶を消して。さゆ以外のみんなの記憶を。出会ったあの日の記憶を。出会う前の生活に、絵里をもどして」
愛の苦渋の決断が、衝撃と葛藤を仲間たちに投げかける―――
(39)589『Empty Recollection's Imagination』を読んで書いたという、切なくも美しい読み切り短編。

☆道重さゆみ
☆亀井絵里
☆新垣里沙:精神干渉
☆他 全リゾナンター


(39)942 『スパイの憂鬱11 狂乱のリゾナント(後編)』
突如喫茶リゾナントに来訪したアパレル店の同僚たち(と偽った)ダークネスの皆さんがお茶を楽しむのに頭を抱える里沙。
万が一ここで戦いが始まってしまったらどうしたらいいのだろうと気を揉む里沙を尻目に―――

☆新垣里沙
☆リゾナンターの皆さん

★ダークネスの皆さん