※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物&能力一覧(第29話)

※登場人物は名前が作品中に明記されておらず 類推に拠るものも含みます
※能力名は作品中のものではなくテンプレのものに統一してあります



 (29)073 『光の抗争-3-』 
「……共鳴者は、本当は世界の敵だってことさ」
白い十字架の傍らで、後藤は愛に「現実」を突きつける。

☆高橋愛

★後藤真希

※安倍なつみ


(29)187 『05.束の間の雨宿り』 
「私はスパイ」―――
その一言がどうしても言えずにいた里沙に告げられた、愛からの思いがけない言葉は。

☆高橋愛
☆新垣里沙


(29)232 『永遠の幸せ』 
「さーて、生け捕りにした魔女にはどんなお仕置きがいいかな」
多大な信者を擁する宗教団体の結界に囚われた「氷の魔女」ミティは―――
スレの雑談を受けて即興で書かれた1レス掌編。

★藤本美貴(ミティ):氷使い


(29)259 『光の抗争-4-』 
「…ここで終わりなのかな、高橋…」
血を吐き、もはや戦おうという気力すら無くしたように横たわる愛。
徐々に明らかになってゆく過去、そして現在の戦いの行く末は。

☆高橋愛

★後藤真希
★中澤裕子

※安倍なつみ


(29)274 タイトルなし(ホゼナンター吠える) 
いつも思ってたよ。いつも思ってたんだ。だから言ってやるよ。
いつもは「かませ犬」だった男の魂の叫びを心に刻め!(そして安らかに……)
リゾナント世界にメタを絡めた1レス掌編。


(29)286 タイトルなし(矢口ブログリゾナント) 
(~^◇^)ノシ<はいはーい一時休戦~♪
そこから始まる「セクシービーム王座決定戦」
現実世界の矢口真里のブログ企画に乗っかったAA作品。(画像あり)

★矢口真里

☆高橋愛
☆新垣里沙
☆亀井絵里
☆道重さゆみ
☆田中れいな
☆久住小春
☆光井愛佳
☆リンリン
☆ジュンジュン


(29)300 『The first “RESONANT”』 
「なぁ、どこまで行けばいいと?」
施設で一緒だった少女―東奈(はるな)―に連れられるまま、廃倉庫の立ち並ぶ一角に来たれいなだったが。
シリーズに連なる「出逢い」を描いた一篇。

☆田中れいな
☆高橋愛:瞬間移動 精神感応

★辻希美:擬態
★中澤裕子:空間裂開


(29)350 『裏切ったのは誰』 
ぬぅん!!
マインドコントロール――少女の「薄汚いチカラ」により、また一人の男の精神は―――
保全ネタとしても使われるワードの他、スレの設定をいくつも取り込んだ1レス掌編……から後に膨らんだ話を添えて。

★新垣里沙:精神干渉


(29)364 タイトルなし(『裏切ったのは誰』リゾナント作) 
「命と引き換えにして、やるべき事があなたにあるの?」
上記作品にリゾナントして書かれたシリアスな……?な1レス掌編。

★新垣里沙


 (29)468 『少年の瞳』 
「あれ!?『きらり』だ…!」「ね、あれ、『月島きらり』じゃない?」
LAでの仕事を終えて帰国し、空港のホールを一人歩く小春の前に現れた2人組は。
「pepper」や『黒い羊』ともクロスオーバーするシリーズに連なる中編の第1話。

☆久住小春

★吉澤ひとみ


(29)523 『絶対解ける問題 X=Y+T(1)』 
「隊長、警報です!出動願います」「ちっ、んだよ!うっせーなぁ」
獣化レトロウィルスの被検体となっていた構成員が街中に逃走し、警備部「ガッタス」隊長、吉澤に出動がかかった。
長らくの中断を挟んで再開されたシリーズ新章。

☆田中れいな

★紺野あさ美
★吉澤ひとみ
★是永美記
★仙石みなみ
★真野恵里菜


 (29)564 タイトルなし(過去作品リゾナント作1) 
過去に上がった複数の作者の手による様々な作品の一文を基に綴られた掌編先輩パート。

☆亀井絵里
☆田中れいな
☆新垣里沙
☆高橋愛
☆道重さゆみ


(29)573 タイトルなし(過去作品リゾナント作2) 
過去に上がった複数の作者の手による様々な作品の一文を基に綴られた掌編後輩パート。

☆久住小春
☆ジュンジュン
☆光井愛佳
☆リンリン


 (29)583 『少年の瞳(2)』 
かつて悲しい別れをしたはずだった存在との思いがけない再開を果たして心和ませていた小春。
だが、そんな小春に非情な「選択」が突きつけられる。

☆久住小春

★吉澤ひとみ:転移フィールド


(29)607 『夏到来ですね』 
暑さのせいかな、最近何をするにもやる気が出ないのは。
そんな亀井さんに降りかかる夏の「洗礼」。

☆亀井絵里
☆新垣里沙


(29)656 『ツキシマ キラリ』 
『小春は可愛いからアイドルになれるよ』
アイドルになったら、ママうれしい?
「念写」「月島きらり」「孤独」――初期からの設定を生かして小春の哀しい過去と現在を描いた短編。

☆久住小春:念写


 (29)689 『06.相合傘』 
「いつ、行ってしまうん…?」
スパイであることが明らかになった里沙に、愛は問いを向けてくる。

☆新垣里沙
☆高橋愛


 (29)856 『リゾナントは本日休業』 
光の屈折率nは誘電率εと透磁率μから成る関数によって決定される。つまり n=√ε* √μ。
やたら小難しい導入から始まるストーリーはどのような経過をたどり、どのように結ばれるのか。
ドクターマルシェの視点で送られる短編。

★紺野あさ美


 (29)932 『7th, July』 
夜風に吹かれて、笹の葉が揺れる。
7月7日晴れ。「ダークネス」2人の視点からそれぞれ綴られる七夕の日の思い。
後半部分は現実の新垣里沙が書いたメッセージに基づいている。


 (29)948 『星の夜に願う』 
「あれ?たんざく」
入院中の病棟で拾った短冊に書かれていた願い事に、絵里は過去へとそして未来へと思いを馳せる。
ラストの部分は上記作品同様に現実の亀井絵里が書いた(新垣里沙とは落差が激しいと話題だった)メッセージに基づく。

☆亀井絵里










添付ファイル